1. Bluejet UV EXPERTとは
  2. Bluejet UV EXPERTの魅力
  • DACCO
  • Citation Bluejet
  • Jtix Co.,Ltd

Bluejet UV EXPERTの魅力

高度4万5000フィートの過酷な環境で働くパイロット 紫外線や乾燥の怖さを知るプロのアドバイスによって生まれた絶対焼きたくない方のためのスーパーUVクリーム

なぜ紫外線からお肌を守らなければならないの?

写真

紫外線(UV)は、太陽から発せられる様々な光線のひとつ。波長が長い順にUVA、UVB、UVCの3つに分類され、それぞれに性質が異なります。もっとも人体に悪影響を及ぼす可能性が高いUVCは幸いオゾン層に吸収されほとんど地表には届きません。したがって一般に私たちが浴びているのは、UVAとUVBです。図からもわかりますが、UVBは表皮を透過することはなく、UVAだけが表皮を透過、真皮に達します。

紫外線は、抵抗力を高めたり、骨の発育に欠かせない働きをするなど、身体に悪影響を及ぼすばかりではありませんが、真皮に届くUVAは肌の組織を壊してハリや弾力を失わせたり、シミの原因となるメラニンを沈着させたりします。UVBも油断できません。短時間で皮膚に日焼けによるサンバーン(炎症反応)を引き起こし、そのあとにサンタン(色素沈着反応)をもたらします。恐ろしいのは、UVBを繰り返し浴びるとシミやシワなどの促進や、皮膚ガンを引き起こす例も報告されているということです。

なぜパイロットがUVをプロデュースしたの?

写真

ブルージェット UV エキスパートのプロデュースにかかわったのは、世界のセレブリティなどが愛用するプライベートジェットの現役パイロット。プライベートジェットなどに使われる小型のジェット機の巡航高度は、一般の旅客機が飛ぶ高度3万3000フィート(約1万メートル)のはるか上空、高度4万5000フィート(約1万3500メートル)。そこは、地表より強い紫外線と極度の乾燥が待ち受ける人間の皮膚にとってとても過酷な環境。その状況に身を置くパイロットは、私たち以上に紫外線の怖さを知っています。そして自らの肌を守るため、信頼できるUVを探し求めていたのです。ところが納得のいくものに出会えず、結局自身でプロデュースすることに。そして厳しい要求をクリアすべく開発されたのが、このブルージェット UV エキスパートなのです。

現役CAが飛びついたSPF50+ PA+++プロフェッショナル仕様のUV。

紫外線防止化粧品使用目安
散歩、買い物、洗濯干し、通勤、通学などの日常生活SPF10前後PA+
屋外での軽いスポーツやレジャーなどSPF10~30PA++
リゾート地でのマリンスポーツや春スキーなどSPF30以上PA++~PA+++
紫外線の強力な高地や赤道付近、国内でも紫外線に敏感な人などSPF30以上PA+++

UVにはその機能の高さを示す指標があります。それがSPFとPAです。SPFはSun Protection Factorの略称で、紫外線B波(UVB)の防止効果の指標。日本化粧品工業連合会の統一基準によって、SPF50+が最高値とされています。

一方のPAはProtection Grade of UVAの略称。こちらは、紫外線A波(UVA)の防止効果を示す指標。PA+からPA+++まで3段階に分けて評価されます。ブルージェット UV エキスパートはSPF50+、かつPA+++。双方を最高レベルで達成。地上よりはるかに強い紫外線を浴びるプライベートジェットの現役パイロットがプロデュースにかかわり、多くの航空関係者に選ばれた理由がここにあります。本物のUVだけが持つ性能を、この表示がはっきりと表しています。絶対に焼きたくない、そんなあなたが選ぶUVケアです。

現役のプライベートジェットパイロットがプロデュースに参加。
容器にまで徹底してこだわりぬいたグローバル仕様

製品のこだわりはクリーム本体にとどまりません。プロデュースに参加したパイロットは、テストを兼ねてブルージェット UV エキスパートをバッグに入れてフライトを続け、その実績が製品に生かされています。

通常UVの容器はチューブ型が多いのですが、容器内に空気が入り込むため、飛行機など気圧の低い上空ではチューブの内圧が高まり、使用時に中身が飛び出したり、最悪の場合破裂することすらあります。現役パイロットがプロデュースに参加、また多くのCAの声を反映して生まれたブルージェット UV エキスパートは、エアレスタイプのボトルを採用。外気圧の変化が起こっても問題ありません。太陽がさんさんと降りそぞくリゾートへジェットで、そんな時も持ち運べる、まさにグローバル性能のUVケアといえます。

また容器にはもうひとつちょっとした秘密が。側面にプリントされたクリームの残量計。これはジェット機のエンジンファン出力ゲージをイメージしたもの。見る人が見れば「あ、これは!」と気づくはず。こんなところにも、空を飛ぶ、空を仕事場とするプロフェッショナルのために生まれ、口コミで広まっていったブルージェット UV エキスパート。空を知る人だけが分かる本格派UVが、いよいよ皆様にもお使いいただけるようになりました。

一般のUVとなにが違うの?

ブルージェット UV エキスパートのすごさは、SPF50+ PA+++というUVケア効果だけではありません。汗や水に強いウオータープルーフ仕様ですから、デイリーからマリンスポーツまで幅広くご使用いただけることはもとより、スキンケア成分がバランスよく含まれていることも見逃せません。

特に注目したいのは、「酢酸トコフェロールとトコフェロールの2種類のビタミンE」や「オウゴンエキス、ユキノシタエキス加水分解コンキオリン」を配合していること。これらが角質層深部まで届き、シミ・ソバカスにアプローチ。メラニンの生成を抑えて、シミ・ソバカスを防ぎ、白く澄んだ肌を保ちます。つまり"焼かない"だけではなく、ブライトニング効果まで期待できるUVなのです。
極め付けは天然成分「チトカタライザー」とその効果を高める8種のアミノ酸、そして美容成分として有名なヒアルロン酸Naなどによる徹底したエイジングケア効果。

ブルージェット UV エキスパートは、こうした成分を配合した微粒子パウダーがなめらかにお肌になじみ、潤いを与えます。白浮きせず、化粧崩れしにくいため、化粧下地としてもお使い頂ける、トータルバランスに優れた、まさに新時代のUVケア製品です。

このページのトップへ